舌 口内炎 原因 ストレス

ストレスが原因で舌に発生する口内炎について


舌の口内炎とストレスとの関係・原因について解説していきます。

 

舌に発生する疾患として有名なものの一つに口内炎があります。
これは口の中の粘膜の表面に小さな出来物が発生するという疾患で
頬の内側や舌等に発生します。

 

この出来物は擦れると痛みが起きるので
しゃべったり何かを食べたりするとピリピリとした痛みを感じます。

 

また醤油や味噌等の塩っけがある物を食べると
患部に強く沁みる事があります。

 

口内炎が出来る原因はいくつか考えられますが
よく胃腸が弱っていたりすると発生しやすいと言われています。

 

他にもストレスの蓄積も原因の一つと言われていて
普段の生活習慣の影響を受けやすい疾患だと言えます。

 

寝不足での夜遅くにしかご飯を食べられないとかが重なると
発生しやすいですね。
自分の場合は、刺激のある辛いお菓子とかを食べるとする発生します(汗)


スポンサーリンク


 口内炎は特に積極的な治療を行なわなくても
数日〜数週間程度経てば自然と治ります。

 

ただ症状が長引くと食事等で不自由を強いられる事もあるので
こういった場合は積極的な治療をするのも良いです。

 

口内炎の治療方法としては
専用の塗り薬を患部に塗るという方法が一般的です。

 

ただ、患部が舌となると薬を患部に一定時間置いておくのが難しくなるので
舌の場合は内側からの治療が効果的になります。

 

例えばストレスの解消や、たっぷり睡眠を取って体を休める等の方法があります。

 

要は体を元気な状態にして元々持っている免疫力を活性化する事で
口内炎を治すという方法になります。


スポンサーリンク