舌 口内炎 しびれ

舌のしびれは口内炎が原因?


舌のしびれと口内炎との関係について解説していきます。

 

舌がしびれるように痛い場合、口内炎が舌に出来ている可能性があります。
なぜ、口内炎が舌に出来てしまうのでしょうか。

 

まず、ストレスや睡眠不足が原因の一つです。

 

睡眠不足やストレスがある状態が続くと
体の免疫力が下がるため口内炎が出来てしまいます。

 

また、栄養バランスにも注意してください。
口の中の粘膜を健康に保つために、ビタミンが必要です。
ビタミンB・Cの欠乏により、しびれるような感覚がすることもあります。
毎日摂取しずらいのであれば、サプリメントなどで摂取する習慣にしてしまいましょう。

 

歯磨きや火傷、噛み合わせがあっていなかったり歯の先が鋭くなっていると
無意識のうちに舌に傷が出来てしまい、そこから雑菌が入って口内炎を引き起こします。

 

こういった最初の傷が原因でいろいろな悪い病気にもなるので
デリケートな舌を大切に扱うようにしていきましょうね。


スポンサーリンク


そのようにならないためには、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

 

まず夜は質のいい睡眠をとって、疲労やストレスを無くすことが大切です。
体の抵抗力を下げないことに繋がります。

 

また前述のように、ビタミンB・Cの摂取が予防に繋がります。
ビタミンBは魚類や肉類、小麦や大豆などに多く含まれます。
一方ビタミンCは、レモンやピーマンなどの野菜や果実類で摂取することが出来ます。

 

そして、口の中を清潔に保ちましょう。
口の中には様々な細菌が生息しているため
不潔にしていると口内炎が出来やすい環境になってしまいます。

 

しかし歯磨きの仕方を間違える、例えば強く磨きすぎたりしてしまうと
かえって傷が出来て細菌が感染しやすくなってしまいます。

 

正しい歯磨きの仕方を意識して、口の中を綺麗にしましょう。


スポンサーリンク