目 病気 虫が飛ぶ

虫が飛ぶように見える目の病気とは


虫が飛ぶように見える目の病気があります。
飛蚊症と言われているものです。
この原因は明確ではありませんが、多くが老化現象によるものだと考えられています。
また、生理的なものとしてもよく言われています。
このような場合には、特に気にする必要はありません。
常に飛んでいるというわけではなく、疲れている時などに一時的に虫が飛ぶように見えるだけのことだからです。
視力が低下したり、目が痛んだりといったことなどもありません。

 

しかし、時々でも目の前を多くの虫が飛んでいるように感じられるというのは、面倒に思えるかもしれません。
人によってはイライラしてしまうこともあります。
また、あまりにもたくさん飛んでいるように感じられるのであれば、一度、しっかりと眼科検診を受けてみることをお勧めします。


スポンサーリンク


また、虫が飛ぶように見えることで飛蚊症だと思い、特に眼科を受診しないという人も多くなっています。
しかし、中には重篤な病気の場合もあるため注意が必要です。
例えば、網膜裂孔ということも考えられるからです。

 

網膜裂孔は網膜に穴が空いてしまうという目病気です。
空いてしまった穴がどんどん広がっていってしまうと、そこから網膜剥離に繋がってしまうことがあります。
網膜剥離は失明の原因とよく言われているものです。

 

穴が空いてしまったことで、虫が飛ぶように感じられてしまうことがあるというわけです。
この場合には、早急に眼科を受診し、レーザー治療によって穴が広がらないように手術をする必要があります。
放置すればするほど、網膜剥離になる危険性が高まるからです。


スポンサーリンク