舌 ヒリヒリ カンジダ

カンジダ症は舌がヒリヒリしてくる病


 カンジダ菌とは、人の口の中や女性の膣の中に常駐している菌ですがその力は弱く、通常の人ならばこの菌が原因で病気を引き起こすことはまずありません。
しかし、何らかの原因で免疫機能が通常より低下すると、この菌が原因で病を発症することがあります。

 

 まず、膣カンジダ症です。
これは、風邪やストレスなど、少しの免疫機能の低下でも引き起こされる病です。
主な症状としてはかゆみ、粘度が高く白っぽいおりもの、排尿時のヒリヒリとした痛み、発疹などが挙げられます。
女性の5人に1人が経験する病といわれており、常に清潔にするなど、生活するうえで少し気をつければ悪化や発症を防ぐことができる病でもあります。
その意味で、こちらは比較的私たちに身近な病といえます。


スポンサーリンク


 一方、口腔カンジダ症は、悪性腫瘍、血液疾患、エイズ、妊婦、高齢者など、免疫機能が著しく低下したときに発症する病です。
この病は症状によって大きく2種類に分けられます。

 

 1つは「偽膜性カンジダ症」。
これは舌や唇に白い苔のようなものが現れ、痛みはほとんどありません。
苔のようなものはこするとはがれ、はがれた後には発赤やびらんが見られます。
多くの人はこちらを発症することが多いです。

 

 そしてもう一つが「萎縮性カンジダ症」です。
これは白い苔のようなものは見られず、粘膜が赤くなります。
これは炎症を起こしている状態であり、少しの刺激で口の中にヒリヒリとした痛みが現れるようになります。
また、舌の味覚を感じる部分が委縮してしまっているため、味覚障害も現れます。

 

 この病を防ぐには、まず口腔を清潔にすることが大切です。
また、もし発症してしまったら、菌の増殖を防ぐ薬を服用し、早く治す必要があります。


スポンサーリンク