舌 ピリピリ アレルギー

舌がピリピリしだしたらアレルギーの可能性


舌はとても敏感な場所といえるでしょう。

 

少しでも腫れていると、食べ物を食べる時も痛みを感じて不快感を感じるものです。

 

突然ピリピリと痛みが起きる症状を舌痛症といいます。

 

そのような状態になるのには様々な原因が考えられるのです。

 

まず栄養不足が考えられます。

 

栄養が偏ることで、舌の粘膜の抵抗力が落ちて炎症をおこしてしまうのです。

 

また歯並びが悪いことで、舌が歯の裏側や先端に擦れてしまうことがあります。

 

これが原因になってピリピリと感じるようになるのです。

 

放置していると細菌に感染したり、腫瘍ができてしまうこともあります。

 

日頃から食事にはビタミンB2を多く摂るようにこころがけましょう。

 

口の中も清潔に保つようにすると、症状は改善していくでしょう。


スポンサーリンク


ピリピリする原因にはアレルギーの可能性もあるのです。

 

アレルギーは今まで普通に食べていたものでも、突然引き起こされるのです。

 

軽度の状態ですと舌や喉がピリピリしたり、手や口が炎症を起こしたりします。

 

軽度の場合ですと少し時間が経てば症状は治まってくることが多いのです。

 

しかし重度の場合になるとお腹を壊す、蕁麻疹、嘔吐、発熱、咳などの症状があらわれるようになります。

 

呼吸困難や血圧低下などの重篤な状態になると生命に関わることになります。

 

このような時はすぐに病院に行くか、救急車を呼ぶようにしましょう。

 

いつもはアレルギーがでないのに、体調不良などで免疫力が低下していると突然現れることがあります。
自分がどのようなアレルギーをもっているのか調べておくのもいいでしょう。


スポンサーリンク