舌炎症 原因 治療

舌炎症の原因や治療方法について


ここでは舌炎症の原因や治療方法などについて解説します。

 

そもそも舌炎症とは舌に発生する様々な炎症の総称で
有名な炎症としては舌に発生する口内炎があります。

 

口内炎とは粘膜の表面に小さな出来物が出来てしまうという疾患で
食事時等にピリピリと痛みます。

 

それ以外の舌炎症としては舌全体が腫れる
軽いヒリヒリとした痛みが長期間続く等があります。

 

これらの症状は単体で発生するだけでなく
複数の症状が同時に発生する事もあります。

 

この疾患が発生する原因には様々なものがありますが
代表的な原因としては舌の火傷や誤って噛んでしまう等が挙げられます。

 

これらのきっかけで舌に傷が出来て、そこに細菌が侵入して炎症に発展しまうのです。
それ以外にも胃腸が弱っていたり、免疫力が低下していたりしても発生しやすいです。

 

最初のきっかけは小さなキズでもできものによる痛みなどでストレスが溜まって
さらに免疫力が落ちて細菌が繁殖といった病気特有の負のスパイラルがあるので
注意したいところです。


スポンサーリンク


舌炎症の治療方法については、
今のところ確実で絶大な効果をもたらす方法は見付かっていないです。

 

口内炎等の場合には積極的な治療をしなくても
自然と治るのですが、中には症状が長引くタイプもあります。

 

こういった場合には薬物の処方や
症状によってはレーザー治療が行なわれるようになります。

 

ただ全ての症状に共通しているのは
口内を常に清潔にしておいたほうが良いという事です。

 

歯磨きやうがいをマメに行って、綺麗な状態を維持するのが効果的だと言えます。

 

予防方法としては
休息を取って疲労が蓄積しないように心掛ける事、各種ビタミンの不足が起こらないようにする事等があります。


スポンサーリンク