舌のしびれ 何科

舌のしびれは何科で診てもらうべきか?


舌のしびれについてですが、長く続くようであれば病院で診てもらうのをオススメします。
ここでは病院の何科で診てもらうべきかについて詳しく解説していきます。

 

何の原因も考えられないのに舌のしびれや痛みを感じる人は
舌痛症にかかっている可能性があります。

 

舌痛症は特に熱い食べ物を食べてやけどをしたり
腫れがあるわけでもないのに舌にしびれなどの症状がある病気の事をいいます。

 

世間的にはあまり知られていない舌痛症ですが
原因としては二通り考えられます。

 

一つにはカビによって舌痛症が引き起こされる場合があります。
口の中は数多くの細菌の住処となっています。

 

ただ最近が大量に繁殖しているのは誰にでも言える事ですが
口の中の免疫力が低くなっている人に関しては
細菌の中の一種である「カンジタ」という細菌が過度に増殖してしまい
舌痛症に至ってしまうというケースがあります。

 

もう一つはストレスが原因となる場合があります。
人はストレスを感じると唾液の分泌量が減り口が乾いてきます。
唾液は口の中で細菌を排除する重要な役目を持っています。

 

その唾液が少なくなるという事は最近の繁殖につながります。
これによって舌が細菌に侵された状態となり舌痛症になってしまうというケースがあるのです。

 

それにストレスは免疫力低下の原因ですから
細菌が発生しやすくなって間接的な舌痛症の原因となります。


スポンサーリンク


あまり世間に認知されていない舌痛症ですが
これにかかり舌のしびれを感じるようになった場合に
病院の何科を受診するべきか悩む方もいらっしゃると思います。

 

原因が分からない病気に関しては何科を受診すればよいか分からなず
色々な科にかかって結局の所ちゃんとした治療を受けられないという事もあります。

 

ですが舌痛症に関しては認知度が低いだけで
原因は先に述べたようにはっきりとしているので
口の中の免疫力の低下からくる舌痛症については

 

口腔歯科、口腔内科、或は口腔外科にかかるのが良いでしょう。

 

ストレスからくる舌痛症に関しては
神経科・心療内科といった心因性の病気を扱っている科

 

にかかるのが良いと思われます。

 

ただそれらの科に舌痛症に精通している医師がいるかどうかは分からないので
前もって病院に問い合わせるか
舌痛症を専門に扱っている医院をまず先に探した方がよいでしょう。


スポンサーリンク