舌が荒れる 病気

舌が荒れる病気と原因について


ここでは舌が荒れる病気や原因、対処などについて解説しています。

 

口内炎は舌が荒れる代名詞とも言える病気です。
口腔内は粘膜で覆われていますが、その粘膜に傷が付いた後に
ウイルスなどが感染した場合に口内炎となって現れます。

 

多くの口内炎はアフタ性と呼ばれる白い円状のただれであり
ひどく痛み発症した場合すぐに気が付きます。

 

また、比較的多い舌の荒れを引き起こす要因として
物理的な舌への継続的な刺激や単に汚れである場合があります。

 

前者は自分の歯や入れ歯などに継続的に接触していたりなど
舌を直接傷付ける事で発生します。

 

後者は単に歯磨きが不十分であったり、歯間に食べカスが詰まったりした為
細菌が大量発生し炎症となって舌に現れます。
舌苔といわれるのがこれです。

 

舌専用のブラシなどで綺麗にしないと口臭につながったりもするので
気になるようでしたら使ってみましょう。


スポンサーリンク


その他の舌が荒れる病気としては、多くは原因不明で舌の見た目の変化がない舌痛症
舌全体に炎症が起こる舌炎、厳密には疾患ではないですが結果的に舌の荒れを引き起こす原因となる舌苔など
単に舌が荒れるといっても数多くの要因が存在します。

 

また、胃が荒れると舌も荒れる事があり
栄養不足も舌の荒れの原因になります。

 

更に舌癌、白板症、ベーチェット病など、舌が荒れる程度では収まらない病気も隠されている可能性があるので
舌の荒れだけではなく舌の形状や色もしっかり確認し
異常を発見した場合には口腔外科を受診するようにします。


スポンサーリンク