舌 痛い 側面 腫れ

舌の側面の腫れ、痛い原因とは?


舌の側面が腫れ、痛いのには様々な理由があります。
ここではそのことについて詳しく解説していきます。

 

・何かが舌に当たっている場合
・詰め物による金属アレルギーの場合
・カンジタ菌による痛み
・偏った食生活
・口腔乾燥症の場合
・舌自体に異常がある場合・
精神的に不安定な場合
など実に様々な原因があげられます。

 

1つ1つ見ていくと、何かが触れている場合はその原因をつきとめ
歯を削るなどで痛みは解消されます。

 

金属アレルギーがあるかどうかは、アレルギー検査を受けることで分かるので
検査を受けることで解消されます。

 

身体が弱っていたりするとカンジタ菌に感染しやすいのですが、薬で治すことが出来ます。

 

偏った食生活では、亜鉛や鉄分、ビタミンB群が不足すると痛みを起こす原因でもあるので
普段の食生活の見直しとともに、不足しがちな栄養素サプリメントで補うことで解消されます。

 

別に病気に限ったことではありませんが、何か問題がある場合このように要因に分けてみて
それぞれについてしっかり考えるのは重要ですね。


スポンサーリンク


舌に地図のような模様が出来たり、溝が出来たりと
舌自体の異常によって痛みを伴うこともあります。

 

原因はハッキリとはされていませんが、前者は疲れが多く
後者は先天性のものや感染などで起こる後天性のものがあると言われています。

 

どちらも治療の必要はないとされています。

 

稀に、側面の腫れが癌の前兆の場合もあるので、定期的な検査が必要です。

 

最も側面の腫れの痛い原因は、精神的なものと言われます。
強いストレスや精神疾患を持っている人は痛みを感じやすく
抗うつ薬を処方されることもありますが、漢方でゆっくり治療していくこともあります。

 

上記で述べたように様々な原因が考えられるため
違和感を感じた場合、実際見てもらわないとわからないこともあるので、受診をする必要があります。


スポンサーリンク