舌 しこり 痛い

舌にしこりがあり痛い場合に考えられる疾患について


ここでは舌にしこりがあって痛い場合の病気などについて
詳しく解説していきます。

 

舌にしこりがあり、痛みがある場合は、多くの場合は口内炎です。

 

しかし、口内炎だと思っていたのに、1ヶ月以上経っても全く治らなくなったり
しこりが大きくなってきたり、その表面が白くなってきたりする場合は、舌癌になっている場合もあります。

 

口内炎とこの癌の症状はとても似ているので、注意が必要です。

 

また、歯がいつも同じところにあたり、何回も口内炎を繰り返していると
そこが舌癌になる場合があります。

 

いつも歯が当たってしまうところがある場合は、歯医者で
その歯を削ってもらうなどの対処法があるので、放っておかずに対処するようにします。

 

ストレスなどで、舌を強く噛むクセがある人も注意ですね。
そういったクセを意識して無くすようにしましょう。


スポンサーリンク


舌癌は、初期の段階であれば、完治することが多いです。
主な症状としては、違和感や痛いといったものがあります。

 

小さなしこりで少し痛いくらいだと、口内炎と間違えることは良くあります。

 

他の症状としては、しこりが大きくなってきたり
表面が白くなってきたり、出血したりします。

 

また、口臭がする場合もあります。
口内炎と違うところは、そういった症状がいつまで経っても消えないということです。

 

初期なら治る確率が高い癌なので、一カ月以上同じような状態が続くような場合は
医療機関を受診するようにすることが、早期発見に繋がります。


スポンサーリンク